随伴通訳サービス

数年来、上海での随伴通訳の需要が日…

論文翻訳サービス

何で、論文翻訳の専門性を確保します…

展示会通訳サービス

展示会通訳サービスの紹介: 専門的…

翻訳捺印サービス

ランデイサビース上海翻訳会社は専門…

«
»

東京都、酒類提供の飲食・カラオケ店に時短要請へ、午後10時まで20日間

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は、都内の酒類を提供する飲食店やカラオケ店に対し、営業時間を午後10時までに短縮するよう要請する方針を決めた。期間は今月28日から12月17日までの20日間とし、要請を応じた店舗には1日2万円の協力金を支給する。政府の観光支援事業「Go To トラベル」については、現時点で東京を発着する旅行の除外を政府に求めない方向だ。

受新型新冠病毒感染扩大的影响,东京都决定要求提供东京都内酒类的饮食店和卡拉OK店将营业时间缩短到晚上10点。期间是从本月28日到12月17日的20天,对于接受申请的店铺将支付1天2万日元的合作金。关于政府的观光支援事业“Go To Travel”,目前不要求政府排除从东京出发和到达的旅行。

小池百合子知事が25日夕、臨時記者会見を開いて発表する。時短要請の対象地域は23区と多摩地域の各市とする案で最終調整している。飲食店支援事業「Go To イート」については、27日から12月17日まで、プレミアム付き食事券の新規発行を一時停止し、発行済の食事券やポイントの利用を控えるよう都民に求める。

小池百合子知事25日傍晚召开临时记者招待会发表。要求缩短时间的对象地区以23区和多摩地区的各市为方案进行了最终调整。关于饮食店支援事业“Go To Et”,从27日到12月17日,将暂停高级餐券的新发行,并要求市民不要使用已发行的餐券和积分。

都内では、今月21日に過去最多の539人の新規感染者が確認されるなど感染状況が悪化。都は、飲食店などへの時短要請を行う基準を設ける検討を始めていたが、24日には都内の重症者が緊急事態宣言解除後では最多の51人となり、「緊急な対応が必要になった」として、時短要請に踏み切ることにした」

在东京都内,本月21日确认有539名新感染者,感染状况恶化。东京都开始探讨设置向饮食店等提出缩短时间要求的标准,但24日东京都内的重症患者在解除紧急事态宣言后达到最多的51人,认为“需要紧急应对”,决定提出缩短时间的要求

翻訳者:ランダイサービス